HImagination Gallery

徒然なるままに、思ったこと感じたこと考えたことを何とはなしに羅列していくものです。

イロドリミドリ LIVE'18 ~第2話「Over the 7 Lights」~ レポ的な何か

 どうも。去年に引き続き、友人に頼る形でイロドリミドリ2ndライブに参加してきましたHImagineです。この場を借りて感謝を。
 さて、久々の更新となる今回は、前回と同じくレポじみた何かを書いていきます。相変わらず色々と雑なので、Twitterとかで誰かが書いてるセトリとかを参考にしながらご覧下さい。
 ライブに参加した生の感想を羅列しただけですが、それでも良い方は……ゆっくりしていってね


 はじめに、総評。
 1stに比べてスケールも上がり、全体としては非常に盛り上がったと思いますが、参加者としては同時に、厳しい戦いを強いられたライブでした。
 予想外の延期で、運営側も色々と調整が必要な中、これほど早期に振替公演が叶ったのはさすがと言う他ありません。しかしながら、若干のネタバレになりますが、アンコール後のコールラッシュによって、参加者の大半の喉が破壊されたことは想像に難くないと思います。まあ、詳しくは後述しますが。
 あと、前回に違わず今回も、やっぱり客がライブ慣れしてないんだなぁ……と思われる参加風景でした。歌に対して、無駄にコールを入れすぎるのはさすがにアレですが、もうちょい自発的な盛り上がりがあっても良かったように思います。予想に反して、害悪な方がいなかったのは良かった点と言えますけれども。
 ……何か批判ばっかりになってしまいましたが、パフォーマンスはやはり素晴らしいの一言でしたし、その素晴らしさの一端を、この文章で少しでも皆様にお届けできれば幸いです。それではどうぞ。


 まずはちぇんあわ→無敵(初期5人)。
 前回とは違い、コールの指定はなし。と思ったら、無敵の途中でなんと曲が強制終了。デススキルかな?()

 ソロのトップバッターはしろにゃ。今回はお姉ちゃんへの感想というか、メッセージというかをソロ曲の前に言う仕様が全員にあった。
 やっぱりMy Dearest Songはいい曲ですよ。あと個人的にまりんかは、歌ってる時の必死感がすごい可愛いと思います。スタイルもめっちゃいいし。

 次はちゃんなぎ。イロトリドリから、続けてTRUSTを披露してくれた。
 歌唱力(とダンス)的な意味で言えば、メンバーで一番上手なんじゃないだろうか。ほら、他のメンバーは……年齢的な問題とかもあったりするからね……(白目)

 なるるん。アウトサイダーと、安定の猫祭り。
 猫祭りの盛り上がりは言わずもがな。それ以上に感じたのは、とにかくM・A・Oさんが盛り上げ上手だということ。前回もそうだったしJAEPOとかでもそうなんだろうけど、観客を引っ張っていく力とかがすごいある。
 曲調がシリアスなのが多めな三送会編のソロ曲で、かなりスピード感があるっていうのも一因かもですが。

 二年生はそれぞれ、三送会編のソロ曲のみ。順番としてはあーりん→なずな→せりなでした。
 ここについては、全体的に盛り上がりに欠けてしまったのが残念……特に前の二人については、曲自体があまりライブ向けとは言えないのが難点だった。ベリメリについては自分も積極的に声を出したので、多少は良くなった(はず)。
 この辺り、自発的なコールとか統一感のない腕振りとかに、ライブ経験の無さが露呈してるなぁ……と。アドリブが利かないというか、指示待ちというか。
 あんまり他人のことを言えた義理でもないんですけどね。まだ2回目ですし。

 にゃぴー再登場。
 クレッシェンド・ストーリーもいい曲ですよねぇ……! ライブの際に、彼女だけは可愛さで全てを解決している感じ。ラストの方で、若干歌詞をトチってたのももう可愛いですよ。

 さて、ここでソロ曲が一通り消化されて無敵に戻る。だいぶ場が温まっていたのもあって、序盤に比べれば遥かに盛り上がっていた印象。
 ってか「この陣形」ってなんだよ。

 これが終わった時点で、ライブは一段落してトークタイム。前回言っていた「全員の曲からスタート」というのも達成できて満足そうでした。
 しかしにゃぴーから明かされる衝撃の真実……「次でラスト」の一言。まあそんな訳はないんだが、とりあえずの区切りとして新ちぇんあわを披露。
 6人での曲はこれが初めてであり、もちろん歌は「いい」の一言なわけですが、少し三送会の衣装について。
 ……えみつん、腰回り大丈夫か?

 閑話休題、ここで1度ライブは一区切りしますが……当然、我々は抵抗するぜ。アンコールで。
 ただ、これがまた長いんだ。全員の着替えがあるのはわかってるんだが、ここは前回と何も変わらず長い。なお、ぼくはこの間に数回は力尽きてた。
 と、我々の思いが通じたか、なんと「お姉ちゃんの留守電」が入る。地球の裏側からでも中野のライブを感じるとか、さすがお姉ちゃんとしか言えない。
 ステージを炎上させろ! というありがたいフラグ、ないしお言葉に従ってさらなるアンコールを敢行。しかし、我々観客はここから、徹底的に喉をいじめ抜かれることとなるのである……。

 アンコール後、まず始まったのはHelp me, あーりん!
 歌詞演出が派手に代わり、コール用の字幕も表示されるように。まあ訓練されている我々にとって、そんなものはおまけでしかないのだが。
 個人的には、前回もやったことなので素直に盛り上がっていた。

 次になるなぎのパーフェクトロックンロール教室。流れ的には想像していた通りだったので、こちらもすんなりとコールできた。喉はさらに被害を受けたが。
 あと、今回は「ちゃんなぎに罵られたいやつ?」に全力で「はぁぁぁぁぁい!!」と答えた。悔いはないが、身を乗り出した結果、前の席に膝を派手にぶつけたのは苦い思い出。

 ここから怒涛のように初披露曲。
 まずウソテイ。正直、ここが一番コールがキツかったと思われる。息継ぎないし。
 メンバーの関係もあるので全員参加ではなく、せりな・なずな・しろにゃのゲー弱トリオでした。個人的にはあーりんとちゃんなぎが一番好きなんですがね、まあ致し方ないか。
 機会があるなら、ぜひ全員参加のも見てみたいけど……難しいかなぁ。

 次に炎上アレンジ。ほとんどの参加者は「ウソテイ→炎上」の流れで喉を破壊し尽くされた、はず。
 というか曲が長い。もう少し早く出してくれれば、多少はパフォーマンスもマシになったのだろうが……既に使い潰されてしまった我々の喉には、もはや苦行に近かった感じがある。
 曲自体のポテンシャルは高いので、炎上を十分に叫べるだけのコンディションで臨みたかった……自己責任と言えば、まあそれもそうなのだが。

 最後はなずなチューニング。
 これももう少し早くやってほしかった感じが否めない。声はもちろん腕も結構な疲労が溜まっており、タオル振りが予想外にキツかった印象。この辺りの、ライブ適性の高い曲が序盤にあれば、もっと盛り上がれたんじゃ……という感想を、残念ながら抱かざるを得ない。まあ、それでも力いっぱい頑張ったわけだが。
 ただ、二年生トリオの安心感というか、これから彼女たちが最上級生として、イロドリミドリを引っ張っていくんだなぁとか思うと、何となく感慨深かったです。

 トークタイム。
 なぜか二年生トリオが引っ込み、一年生トリオにバトンが渡されると……再びにゃぴーにより衝撃の真実が暴露。
 名付けて、ちゃんなぎのにゃぴーのおみ足おさわり事件。

M・A・Oさん「ちゃんなぎぃ!!」

 あとこの時、我々と同じライブ物販のTシャツの色違いをメンバーはそれぞれ着ていた。シンプルながら、個性がわかりやすく表現されていてすごく良いと思う。
 あと、一年生トリオがたどたどしく回るのが面白かったです。

 二年生トリオが鮮やかに回転しながら帰還したあと、彩乃さんが楽屋で派手に膝をぶつけていた事案などが語られつつ。
 ライブ終わり恒例の感想タイム。各人のコメントについて、逐一述べたりはしないが……なんというか、メンバー皆が、イロドリミドリという存在を愛していて、すごく大事に思ってるんだな、ということをひしひしと感じた。
 それはお姉ちゃん――今村さんも含めてであり、特にちゃんなぎ――佐倉さんの、「もっと一緒に歌っておけば良かったみたいな、悔いを残したくない」という一言にはグッときた。我々も、この瞬間を共有するものとして、悔いの残らないように楽しまねばならない。そう強く思った。

 あと、ハッシュタグ「#中野炎上」をトレンド入りさせよう(迫真)

 本当に最後の最後。披露されたのはやっぱりラブリズム。
 本音を言えば、参加者側の体力も割と限界だったと思うが……考えてみれば、それはイロドリミドリのメンバーも一緒であるはずで。
 そんな中で作り上げた最後の一体感は、おそらく他では得ることの出来ない、素晴らしいものだったと確信している。


 前回の印象がさすがに薄れているため、絶対とは言いきれないものの……今回のライブは疲労感を含めて、前回よりも圧倒的な「楽しさ」があったと思う。
 曲数で考えれば前回の方が多かったはずなので、それが何に起因するのか――メンバーの意識か、我々の意識か――はわからない。だが少なくとも、一つだけはわかることがある。

 ぼくらがイロドリミドリを好きであり続ける限り。
 イロドリミドリは、これからもイロドリミドリであり続ける。

 これほど素晴らしいものを生み出すコンテンツに出会えたこと。それを何よりの幸福だと噛み締めながら、ぼくはこの文を閉じようと思う。
 最後に、イロドリミドリと関係者各位、そしてあの瞬間を共有し共に作り上げた、全ての人々に限りない感謝を。


Presented by HImagine
2018/11/22