読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HImagination Gallery

徒然なるままに、思ったこと感じたこと考えたことを露悪的に羅列していくものです。

自殺未遂とリア充

小説もどき
「うちの勝手なイメージなんやけど、関西弁って『強そう』な感じせーへんか?」
「ラスボス臭がするっちゅーか」
「うち思うねん。この世界にどうしようもなく絶望して、悩んで悩んで悩み尽くしても希望を得られなくて、結果自殺を選べる人間は『強い』ってな」
「ホンマに怖いんは、死にたい死にたいゆーてウダウダしとるヤツちゃう――普段と同じようにニコニコしながら、ゆっくり心を腐らせとるヤツや」
「せやけどうちは、そうはなれんかった」
「どうしても、この世界に対する未練を捨てきれなかったんや」
「……あんたに頼みたいんは、うちの介錯や。自分では殺せんかった、臆病者で強者気取りのうちを、うちが心底『強い』思ったあんたに、殺して欲しいんや」
「いや、身勝手なお願いなんは重々承知しとるで? 実際、あんたにとって死は逃避でしかないんやしな」
「『生きる権利があるのにそれを放棄するのは、生きたくても生きられなかった者への赦されざる冒涜だ』やったっけ――じゃあ聞くけど、人生にリタイアがナシだなんて誰が決めたんや?」
「死の後に何があるんかは、もちろん誰にも解らへん。でもな、どんな地獄があったとしても、うちらにとってそれは『今』より――この世界での『生』より――間違いなくマシなんや」
「懇切丁寧説明したって、あんたには死んでも解らへんやろ。それならそれで、その方が良えんやし」
「とにかく、うちの『生』はもう限界なんよ。とっくのとうに、黴びて切れて腐って穢れて壊れてもうた」
「ほら、さっさと刃を取って」
「ほら、ちゃっちゃと終わらせてくれや」
「それともあんたは、『か弱い』少女の最期のお願いも満足に聞けんほど、『弱い』んか?」
 
"A Long and/or Wrong Life"
→It's dead end. Is it happy end?