HImagination Gallery

徒然なるままに、思ったこと感じたこと考えたことを何とはなしに羅列していくものです。

オンラインに見る人間と肥大するエゴ


混んだ電車に乗ると心が荒みますよね? HImagineです。
ぼくは、特定の作品を批判したりすることを好みません。色々と誤解や語弊が生じて、不毛な議論になってしまいがちだからです。そういう醜い争いは大嫌いですし、意固地になってその争いを激化させる人を、ぼくは何より忌避します。
今回は、醜い人々の話です。

Twitterについては以前、好感の持てるSNSとして話しましたが、それを扱う人間はどうでしょうか?
世の中が便利になると、人間はダメになるみたいです。哀しいことに。
相手が目の前にいるわけじゃないから、ちょっとしたいさかいですぐキレたり。煽ったり。貶したり。
……恥ずかしいと思わないんですかね。世界中が見ていると言うのに。でも、こんな争いは日常茶飯事なんです。
なんで他人のことで、ぼくが心を痛めなきゃいけないんだ――ええ、自分でもそう思います。ですけど、そういう羞恥心を捨てたら何かが変わってしまう。人として、大事なものを失ってしまう。そう思うんです。
ぶっちゃけ、そういう人間はみんな跡形もなく爆散して死ねば良いと思います。ただ、そんなチカラは生憎ありません。此処は0と1に支配された仮想空間ではなく、つまらなくて大嫌いな現実ですから。
現実の生活には鬱憤が溜まります。解りますよ? ぼくもそうですから。ですが常識的に、その鬱憤は見ず知らずの他人にならぶつけていいんですか?
まあ、そんな「常識的な思考」が足りないからこその現状なんでしょうけど。誰も見てないでしょうしね、こんなブログも文章も。
とりあえず、頑張って真面目に文章書きました。ぼく的に割と本気ですし、本音です。
何かの縁でこのブログにいらっしゃった方が、他のクソみたいな記事に辟易しつつも、この記事を見てくれることを期待します。

こんな夢の無い時代です。少しぐらい、あり得ない夢物語を描いても良いでしょう?
それでは、見ず知らずの誰かが暖かい心を持っていることを願いながら。