読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HImagination Gallery

徒然なるままに、思ったこと感じたこと考えたことを何とはなしに羅列していくものです。

お嬢様キャラに関する一つの提言

どうもHImagineです。小説の設定を考えるだけで満足してしまう悪癖を持ってます。スマホの流通は情報化社会の暗部、弊害だと思うのですがどうでしょう?(笑)
今回は、自らの性癖を振り返った成果物の披露です。こんなことをしてるのは、むしろぼくが疲労してるからでしょうね。

お嬢様キャラは、口調から三つに分類できます。とりあえず、余計な口を挟まず聞いてください。
①ですわ・ですの型
良く「下僕」とか言うタイプ。一人称は大体「私(わたくし)」で、基本的に高飛車、応用的に精神年齢低め。ただし、外見的にはロリからナイスバディまで様々。代表的なヘアスタイルは縦ロール(ドリル頭)。
ツンデレ。しかし、一回オトスと激しくデレる。欲しいものは何でも手に入れたいので、ワガママ。いわゆる富豪の娘で、甘やかされて育った場合にありがちである。
割とおつむが弱い傾向があり、おちょくったりからかったりするとすぐ赤面する。それ以外にも喜怒哀楽は激しい。また、耳年増な場合も多い。

②なのじゃ型
一人称が「妾(わらわ)」の、古風な口調のタイプ。基本的に高圧的(高飛車との違いは後述)、応用的に意地っ張り。外見的にはロリ~微乳が多く、髪型はストレートがテンプレ。
ツンデレ。ただし、①の型に比べデレても当たりはキツい。プライドが高く、気難しいのでオトスまでのハードルも高い。だが、時折見せる仕草や言葉の可愛さは凄まじく、ギャップ萌えの破壊力は抜群。厳格で由緒ある家の娘、または王族であることが多い。
喜怒哀楽は①と同じく強い。また、世間知らずの箱入りがほとんどである。

③その他
各々の想像にお任せする。

最後は手抜きではありません。まあ、大半が前の二つに集約されると思いますので問題ないでしょう。ちなみに個人的には②が好みです。
さて、高飛車と高圧的の違いですが、辞書的な意味の違いはほとんどありません。ぼくの感覚的なニュアンスの違いです。
「高飛車」に比べて「高圧的」の方が、嫌みな感じが抜ける感じがします。お嬢様と言えば罵倒ですが、②はそれが板についてる印象を受けます。……うーむ、うまく説明できませんね。
ともかく、ピンヒールで踏まれたい願望もありながら、プライドの高い姫君を冒涜したい自分はもはや手遅れでしょう。
さて、最後に。いささか頭のおかしい、こんな文章を読んでくださった方がいらっしゃいましたら、無上の感謝を。