HImagination Gallery

徒然なるままに、思ったこと感じたこと考えたことを何とはなしに羅列していくものです。

初心者ライバーが本気で書いてみたことほのイフストーリー『あなたのために羽ばたきたい』


  あなたがあの時抱き締めてくれたから。
  今の私が、ここにいる。

(・8・)

「ことりちゃん!」

  その声を聞いたとき、思わず笑っちゃいそうだった。
  穂乃果ちゃんは、やっぱり穂乃果ちゃんなんだなって、そう思って。
  周りのことなんて考えないで、一人で走って、無茶して、私たちを振り回して。今だって私はもう、μ'sのことは忘れてしまおうと思ってたのに――

「……ずるいよ」
「え?」
「穂乃果ちゃん、ずるいよ!」

  きょとんとした顔の穂乃果ちゃんを見て、私はまた迷ってしまう。
  ただμ'sに一生懸命なだけ、ひたむきなだけな穂乃果ちゃんに、私のワガママをぶつけてしまうのがとっても辛いから。
  ずっと穂乃果ちゃんの隣にいたい――なんて、普段じゃ絶対に言えない。
  でも、もう、私だって限界。
「穂乃果ちゃんは……穂乃果ちゃんは、ずるい! 私だけ気を遣ってバカみたいだよ!」
「ちょっと待ってことりちゃん。穂乃果がずるいってどういう――」
「私だって、μ'sをやめたくなんかない! 留学のことだって穂乃果ちゃんに一番に相談したかったのに、穂乃果ちゃんは全然私のこと見てくれないんだもん!」
「ことりちゃん……」
  怒りたくなんかないのに。
  泣きたくなんかないのに、悔しくて、苦しくて、たまらなくなって涙がこぼれてくる。
「私は――」
  もう止まらない。
「私はただ、穂乃果ちゃんに――」
  止められない。
  これ以上は、ダメなのに――

「穂乃果ちゃんに、私のことを好きでいてほしいだけなのに!」

「ことり……ちゃん……?」
  穂乃果ちゃんはますます混乱してるってわかるのに、想いはどうしようもなく溢れてしまう。
「ただの幼なじみとか、ただの仲良しじゃ嫌だったの! だから、三人でμ'sを始めようって言われたとき、すっごく嬉しかった! でもメンバーが増えて、ラブライブに向けて頑張ってる内に、穂乃果ちゃんがどんどん遠くに行っちゃう気がして……」
  もう、穂乃果ちゃんの顔を見れない。
  涙で視界がぼやけてるからじゃない――穂乃果ちゃんが、いったいどんな顔をしてるかが、怖くて。
「ごめん、ね……私、気持ち悪いよね……? じゃあ、もう私は行くから――」
「待って!」

  穂乃果ちゃんが、私のもとに飛び込んでくる。

「……え?」
  穂乃果ちゃんが……。
  私を……抱き……?
「ことりちゃん、ごめん! 穂乃果、ホントにバカだったよ! ことりちゃんだけじゃない、皆の気持ちも考えないで勝手に調子に乗って、勝手にスクールアイドルやめるとか言って……」
「ほ、穂乃果ちゃん……」
「結局穂乃果のせいで、みんなをラブライブに出場させることができなかった! 本当にごめん、許してほしいなんて言わない! だけど――」
「……じゃあ、言って?」
「え?」
「私のこと、好きだって」
「………………」
「だめ?」
「わ、わかったよぉ……」

「ことりちゃん、好きだよ」

(・8・)

「ご、ごめんなさい~」
「遅くなってごめんね!」
「穂乃果、ことり! もう始まってしまいますよ!」
「揃って良かったぁ……」
「これで全員集合にゃー!」
「世話が焼ける先輩方ね」
「いったいどうなることかと思ったわ」
「二人とも、早く準備してや~」
「さあアンタたち、始めるわよ!」

  ねぇ穂乃果ちゃん。私、今とっても幸せだよ?
  だからこれからもずっと、一緒にいようね♪


fin.

自殺未遂とリア充

「うちの勝手なイメージなんやけど、関西弁って『強そう』な感じせーへんか?」
「ラスボス臭がするっちゅーか」
「うち思うねん。この世界にどうしようもなく絶望して、悩んで悩んで悩み尽くしても希望を得られなくて、結果自殺を選べる人間は『強い』ってな」
「ホンマに怖いんは、死にたい死にたいゆーてウダウダしとるヤツちゃう――普段と同じようにニコニコしながら、ゆっくり心を腐らせとるヤツや」
「せやけどうちは、そうはなれんかった」
「どうしても、この世界に対する未練を捨てきれなかったんや」
「……あんたに頼みたいんは、うちの介錯や。自分では殺せんかった、臆病者で強者気取りのうちを、うちが心底『強い』思ったあんたに、殺して欲しいんや」
「いや、身勝手なお願いなんは重々承知しとるで? 実際、あんたにとって死は逃避でしかないんやしな」
「『生きる権利があるのにそれを放棄するのは、生きたくても生きられなかった者への赦されざる冒涜だ』やったっけ――じゃあ聞くけど、人生にリタイアがナシだなんて誰が決めたんや?」
「死の後に何があるんかは、もちろん誰にも解らへん。でもな、どんな地獄があったとしても、うちらにとってそれは『今』より――この世界での『生』より――間違いなくマシなんや」
「懇切丁寧説明したって、あんたには死んでも解らへんやろ。それならそれで、その方が良えんやし」
「とにかく、うちの『生』はもう限界なんよ。とっくのとうに、黴びて切れて腐って穢れて壊れてもうた」
「ほら、さっさと刃を取って」
「ほら、ちゃっちゃと終わらせてくれや」
「それともあんたは、『か弱い』少女の最期のお願いも満足に聞けんほど、『弱い』んか?」
 
"A Long and/or Wrong Life"
→It's dead end. Is it happy end?

不定期開催脳内座談会

HImagine「いや、だから言ってんじゃん。ぼくは小説が書けないというか会話が書けないんだって」
俺「じゃあ今書いてんのは何だってんだ」
HImagine「ぼくと『俺』が会話してるんだから、どう見ても一人語りでしょ」
俺「あ、会話してるってのは否定しないのな……」
HImagine「ぼくは、自分を『少し文章力のある設定厨』程度にしか考えてないから。今んとこ書く気力が減退してるけど、自由気ままなエッセイもどきの方が落ち着くっていうのはあると思う」
俺「いや、普通に書けてんだから根気出せよ」
HImagine「小説を……?」
俺「そこまで驚かんでも」
HImagine「仮にも『俺』はぼくの一部だし……てっきり同意してくれるんだと」
俺「じゃあ同志的紐帯のため誤解を解くが、『HImagine』の方が擬似人格なんだろ?」
HImagine「……!」
俺「いやだから、なぜそんなに驚く」
HImagine「まあ、同志の言いたいことは解った」
俺「おう。要するに?」
HImagine「要するに、ぼくが何と言おうと、ぼくは文章による創作がしたいんだよな」
俺「正解」
HImagine「は」
俺「ひとつ!」
HImagine「じゃない!!」
俺「おいミルキアン」
HImagine「なんだい同志」
俺「今回はひとつじゃないとダメだろ」
HImagine「何となくそんな気はしてた」

楽しく学べるフロイト的心理構造


「要するにな? 超自我ってのが天使で、エスってのが悪魔なんだよ。で、そいつらの意見を聞いて最終的な判断を下すのが自我だ」
「天使と悪魔……というのは、漫画などであるコミカルを気取った葛藤の絵のことですか?」
「そんな悪意の籠った表現するヤツ初めて見たよ……。まあ、つまりそういうことだ。例えば目の前にナイフがあって、その隣でグースカ寝てるアホがいたとするだろ?」
「はあ。そんな想定、夢か物語でなければ有り得なさそうですが」
「良いんだよたとえ話なんだから。で、お前がナイフを手に取ったら、天使と悪魔が言うわけだ。天使は『ダメだよ! その危ない物を早く捨てて!』と制止し、悪魔曰く『お、そこに丁度良く刺せるヤツがいるぜ。ブスッとヤッちまえよ?』と意地悪に囁く」
「……私の預かり知らぬところで、そんなおつむの足りない会話が繰り広げられているとすれば、極めて遺憾ですね」
「……安心しろ、この会話どころか思想そのものにすら、特に科学的根拠はない」
「え、先生のおつむが弱いのではなく?」
「人が指摘しないでやったところを直接的に言いやがって!」
「それで先生、フロイトの考えに『根拠がない』というのはどういうことです?」
「……フロイトっつー爺さんの人生に何があったか知らねえが、根拠もなくズラズラと露悪的なことを並べてんだよ」
「大言壮語も真実味があればそれっぽくなる、と……。いやはや、傍迷惑極まりない筋金入りのマッドですね」
「そうだな。さて、話がずれたが、こいつらの意見を聞いて、最終的に『私はこうしよう』ってのを決めるのが自我だ。改めて言っとくが、これは俺らの全く意識できないところで行われている」
「ふむ」
「で、その自我の判断に従ってお前が動くってわけだ」
「なるほど……」
「ちなみにお前、刺したいヤツいるか?」
「そうですね――私は、先生やフロイトみたいなクソマッドを串刺しにしたいです」
「そうかい。俺は、お前みたいな経済人気取りの効率厨をメッタ刺ししてえよ」
「おや、珍しく気が合いますね?」
「ああ、忌々しいことにな――っと、チャイムか」
「次は英文学の授業なので、私はこれにて」
「おう、じゃあな似非エコノミスト
「ええ。また会いましょう、偽サイコロジストさん」

Twitter告知

どうも皆さん、誰も見てないだろうブログを久々に更新する悲しい人間、HImagineです。
実はぼく、Twitterやってます。ここと同じようなクソみたいなことを言い募ってますので、そういうのがお好みの方はお越しくださいませ。

@himagine_gentle

それでは今日はこの辺で。
フォロパ返す保証はありません。ですが「ブログ見てました!」と言われたら多分感動のあまり泣くと思いますので是非どうぞ。

オンラインに見る人間と肥大するエゴ


混んだ電車に乗ると心が荒みますよね? HImagineです。
ぼくは、特定の作品を批判したりすることを好みません。色々と誤解や語弊が生じて、不毛な議論になってしまいがちだからです。そういう醜い争いは大嫌いですし、意固地になってその争いを激化させる人を、ぼくは何より忌避します。
今回は、醜い人々の話です。

Twitterについては以前、好感の持てるSNSとして話しましたが、それを扱う人間はどうでしょうか?
世の中が便利になると、人間はダメになるみたいです。哀しいことに。
相手が目の前にいるわけじゃないから、ちょっとしたいさかいですぐキレたり。煽ったり。貶したり。
……恥ずかしいと思わないんですかね。世界中が見ていると言うのに。でも、こんな争いは日常茶飯事なんです。
なんで他人のことで、ぼくが心を痛めなきゃいけないんだ――ええ、自分でもそう思います。ですけど、そういう羞恥心を捨てたら何かが変わってしまう。人として、大事なものを失ってしまう。そう思うんです。
ぶっちゃけ、そういう人間はみんな跡形もなく爆散して死ねば良いと思います。ただ、そんなチカラは生憎ありません。此処は0と1に支配された仮想空間ではなく、つまらなくて大嫌いな現実ですから。
現実の生活には鬱憤が溜まります。解りますよ? ぼくもそうですから。ですが常識的に、その鬱憤は見ず知らずの他人にならぶつけていいんですか?
まあ、そんな「常識的な思考」が足りないからこその現状なんでしょうけど。誰も見てないでしょうしね、こんなブログも文章も。
とりあえず、頑張って真面目に文章書きました。ぼく的に割と本気ですし、本音です。
何かの縁でこのブログにいらっしゃった方が、他のクソみたいな記事に辟易しつつも、この記事を見てくれることを期待します。

こんな夢の無い時代です。少しぐらい、あり得ない夢物語を描いても良いでしょう?
それでは、見ず知らずの誰かが暖かい心を持っていることを願いながら。

貧乳はステータスか?


どうもこんにちは、z軸に対する恨み骨髄のHImagineです。
今回は、題の通りの超絶愚劣な話をしようと思います。しかしながら、こういうことを臆面もなく語るのは、男性の偏ったエゴのような気がしてます。
まあ現状、本ブログが読まれているかすら怪しいので問題ないですね。

まず、貧乳≠ロリです。世のロリコンどもは、ロリっ娘の小さい胸だけが好きなわけではない……はずです。ぼく自身がロリコンじゃないので、彼らの思考を完全にトレースできません。
断言しますが、ひんぬー教はロリコンと一切関係ありません。ではひんぬー教徒は、貧乳に何を見ているのか。
そもそも、貧乳キャラの魅力は「恥じらい」です。周りに比べ小さい胸を気にし、大きくするため努力する。他には、巨乳になびく主人公を不機嫌そうに眺めたり――彼らはそういういじらしさに萌えを得るのです。ですから、確かに貧乳はステータスです。俗説では、小さい胸は感じやすいという……ゲフンゲフン。
だからですね、キャラ自身が「貧乳はステータス」と言ってしまうのは望ましくないんです。つまり、柊こなたはひんぬー教徒の敵ですね(笑)。

相変わらずのテンションでお送りしました。それではまた。